・梅やアンズの黒星病、かいよう病(解決数:2)

問題:梅に黒の斑点(病気?)ができてしまうのを防ぐ方法が分かりません。(東京都 Hさん)

 

解決1:梅の黒星病(実に細かい点々がつく)と、かいよう病(深めのキズ)に関して。ひと言で言うと適地適作にかぎる!

 ①それぞれの地方に適した品種を選ぶ。いかに梅干しにした時の品質がいいからといって、全国どこでも南高梅がキレイに作れるわけではないと思う。みなべ町の場合、梅酒や梅ジュースの素材としては「古城(ごじろ)」というキズが付きにくい品種や、梅干しの素材として「改良内田」とかいうキズが付きにくい品種もある。

 ②南高梅にこだわりたい場合は、海風が入るような、海岸から数キロ以内の所を選ぶ。山間地でキズなしを求めるのは、ちょっと厳しい。(和歌山県 Yさん)

 

解決2:日当たりが悪くなって、樹が混み合ってきたため、梅、アンズなどに黒星病が発生してきた。樹をせん定し、日当たり、風通しをよくする。(山梨県 Mさん)

 

編集記:黒星病や、かいよう病について、他の視点から感じておられることや、違った解決方法はありませんか? 是非お寄せください。(2014/6/11)