・お米の直播きがうまくいかず、育苗して田植え(解決数:1)

問題:お米の直播き(じかまき)を少し試みたが、発芽生長に確実性がない。

解決1:米は、苗床で苗を健全に育てて移植(田植え)をする方法が最もよい。

また、麦、小麦との二毛作の場合は、約1ヶ月から2ヶ月間生育期間が重なるゆえに、苗を育てて田植えする方法をとる。

 また、苗が幼い初期に、草に負けない様にする除草作業を水田全体に行うのは大変困難であるゆえに、苗を育ててから田植えする方法をとる。

 あるいは、多くのいのち達は、幼い期間は同じ仲間が群がって生きている方が他に侵されることなく元気に育つ。

 あるいは、生長した苗は、移植するべく根を切られると新たな根が勢いよく作られてその後の生育が良い。(移植の時期が早過ぎたり遅過ぎると、反対に生長を損ねることになるので注意。)

 出来得る限り無駄な作業をしないことと、作物にとって最もよいと思える方法をとるように常に心がける。(2015/4/5 奈良県 川口由一氏投稿)

苗床で健やかに育つ苗
苗床で健やかに育つ苗

編集記お米の直播きについて、苗床で苗を育てて田植えすることについて、他にも体験談がございましたら、お寄せください。(2015/7/23)