・スキマ作戦で、ソラマメが豊作

今年は、僕の住む愛媛松山近郊は春先のアブラムシが大変多く、ソラマメの栽培に支障がありました。

僕の畑でも、少し肥沃なところのソラマメは、春先のアブラムシに養分を吸われて、実付きが悪く収量が落ちました。

しかし、たまたま、専用の畝が確保できず、大根とカブの間の狭いスペースで育てたものは、豊作でした。

冬の間、大根・カブが旺盛に育つときは、ソラマメの姿は小さく、大根とカブの収穫が終わるころソラマメの姿が大きくなり、ちょうどよい具合に交替してくれました。

また、大根・カブがしっかり土地の養分を使ってくれたおかげで、ソラマメにアブラムシがたくさんつくこともありませんでした。(ソラマメにアブラムシがつくのは養分過多が原因の一つです。)

不耕起である自然農ならではの、「スキマ作戦」です。

今年の冬も大根の「スキマ」でソラマメを育てようと思っています。

(2017/6/7 愛媛県 山岡亨さんのFacebookより ご本人様の承諾を得て転載)

 経験談のご投稿は 投稿フォーム から、お願いいたします。